バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)は23日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザなどで開幕し、上位進出を目指す男子兵庫代表の報徳は25日、初戦の2回戦に臨む。チームを率いるのは3年安井星真(しょうま)主将(神戸市立有野中出)だ。昨年は兵庫勢として23年ぶりに8強に躍進したが、安井らの学年は一人もベンチ入りできなかった。「谷間の世代」は悔しさを胸に成長し、昨年以上の飛躍を誓う。

 今月上旬、西宮市の報徳高体育館。大一番を控え、実戦を想定した守備練習に熱がこもる。「俺、こっち行く」。メンバーが盛んに言葉を交わし、コートを動き回った。

...    
<記事全文を読む>