バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)は23日、東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザなどで開幕する。本県代表は、男子が2年連続3度目の羽黒で、24日に土浦日大(茨城)と対戦。女子は初出場の山形中央が大会初日の23日、奈良文化と戦う。

スピードが武器―男子・羽黒
 羽黒は県予選会の4試合中3試合を100点ゲームで制するなど、ハイスコアで勝ち上がった。全国では持ち味の機動力を攻守両面でどこまで発揮できるかが鍵。加藤春樹主将は「高さで他のチームに劣るが、スピードを生かして勝利をつかむ」と語る。

 今年の強みは渡部凌、西魁...    
<記事全文を読む>