バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)は23~29日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザなどで開かれる。今回から出場チーム数が男女とも50から60に拡大し、競争は激しさを増す。兵庫県からは県予選で2年連続3度目の優勝を飾った男子・報徳と、3年連続6度目の頂点に立った女子・市尼崎が出場。飛躍を期す両校を紹介する。(藤村有希子)

■高度な守備連係、速さで対抗

 今夏の全国高校総体で初戦敗退した女子・市尼崎は雪辱を期す。1回戦では高岡第一(富山)が得意とする速い攻撃を、粘りの守りで食い止めたい。

 2回戦に進めば前回覇者の岐阜女を迎え...    
<記事全文を読む>