11月開催の全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)県予選決勝で大会8連覇中の四日市工を97―62で下して県内主要大会で初優勝した。ウインターカップでは初の全国1勝を目指し、3年連続12回目の出場となる長崎西との1回戦突破に挑む。

スタメン5人の平均身長は176・8センチで決して大型チームではない。PGの鈴木斗季也(3年)とSGの川合雄星(3年)の両ガードを中心とした素早い攻守の切り替えからの速攻が生命線だ。

鈴木、川合はともに鈴鹿市立白子中出身。高1から公式戦に出場し、経験を積んだ。約1年前、鈴木と川合の守備位置を入れ替えたことでより攻撃的な試合運...    
<記事全文を読む>