第98回全国高校選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕し、開会式後の1回戦で国学院久我山(東京B)が前原(沖縄)を8-0で下し、2回戦に進んだ。

 国学院久我山は山下貴と山本航がともにハットトリックを達成するなどして大勝。開幕戦の8得点は現大会形式になった1999年以降で最多となった。

 開会式では都道府県大会を勝ち抜いた48代表校(東京2校)が入場行進。令和最初の大会は、日章学園(宮崎)の阿部主将が選手宣誓を務め「令和の時代をつくるのは私たち。若者の底力、情熱を日本中の皆さんに見せる」と高らかに誓った。

 第2日の31日は、首都圏8会場で1回戦...    
<記事全文を読む>