第98回全国高校サッカー選手権は30日、都道府県大会を勝ち上がった48代表校(東京は2校)が参加し、東京・駒沢陸上競技場で開幕する。開会式では日章学園(宮崎)の阿部稜汰主将が選手宣誓し、開幕戦で国学院久我山(東京B)と前原(沖縄)が対戦する。

 大会は首都圏9会場で行われ、31日に1回戦の残り15試合を実施。5大会連続45度目出場の秋田商は午後2時10分から、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で、4大会ぶり10度目出場の神戸弘陵(兵庫)と戦う。全国高校総体準優勝の富山第一は立正大淞南(島根)と、前々回王者の前橋育英(群馬)は神村学園(鹿児島)とぶつかる。

...    
<記事全文を読む>