サッカーの第28回全日本高校女子選手権(1月3~12日、兵庫)に、6大会連続6度目の出場となる前橋育英(関東1位)と4大会ぶり3度目の健大高崎(同6位)が挑む。育英は関東女王として上位を狙い、健大は2015年度の8強超えを目指す。1回戦はともに3日。育英は関西1位で今年の全国高校総体準優勝の日ノ本学園(兵庫)、健大は四国2位の鳴門渦潮(徳島)と対戦する。

◎走り込み体力強化
 前橋育英は全国大会出場権を懸けた11月の関東高校女子選手権で、今夏インターハイ女王の十文字(東京)など並み居る強豪を撃破、初優勝した。全国に向けて仕上がり上々だ。
<記事全文を読む>