第98回を迎える全国高校サッカー選手権大会が30日に始まり、明けて1月11日に準決勝、13日に決勝が行われ、両日は埼玉スタジアムが会場となる。埼玉はかつて静岡、広島と並び、サッカー界の「御三家」と呼ばれた。そのいわれは、地域色が如実に表れるこの大会の成績が根拠となっていたが、埼玉が優勝を果たしたのは第60回大会の武南が最後で、既に38年前のことになっている。

 浦和レッズの誕生や大宮アルディージャがそれに続いたことなど、今でもサッカーが盛んな県であることは間違いないのだから、そろそろ高校選手権でも活躍を期待したいところ。

 本年度の県代表は杉戸町の昌平で、2年ぶ...    
<記事全文を読む>