■31日に初戦VS愛工大名電

 30日から首都圏で行われる第98回全国高校サッカー選手権に筑陽学園(福岡)が11大会ぶりに出場する。DF岡宗万(そうま)(3年)が10月中旬にけがから復帰し劇的に守備が向上。県大会では4試合で1失点に抑えた。新元号「令和」のゆかりの地、太宰府市に学校がある通称「青い稲妻」のイレブンが、令和元年度の大会で旋風を起こす。

 (末継智章)

■11大会ぶりに出場

 一気に堅くなった守備に指導者らも驚きを隠せない。4月開幕のプリンスリーグ九州(年間18試合)でリーグワーストの37失点を喫した筑陽学園。選手権予選を兼ねた福岡県大会で...    
<記事全文を読む>