30日に開幕する第98回全国高校サッカー選手権大会に出場する静岡学園高イレブンが19日、静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館を訪れた。阿部健人主将ら選手約30人と鈴木啓之校長、川口修監督らが、5年ぶりの冬の全国舞台に向けて健闘を誓った。
 阿部主将は「チーム一丸となり、静岡学園らしいサッカーで日本一を目指したい」と決意表明し、川口監督は「自分たちのスタイルを貫き、見ている人を魅了するサッカーで結果を出したい」と意気込みを語った。
 静岡放送の村松重治常務が県大会優勝を伝える静岡新聞のパネルを贈呈し、「県大会決勝は素晴らしい戦いぶりだった。勢いに乗り、全国でも決勝まで勝ち...    
<記事全文を読む>