昨年度は県勢として14大会ぶりに初戦を突破すると、次々に強豪を撃破して32大会ぶりの8強入りを果たした。「昨年度の結果に追い付き、追い越したい」。DF松野真士主将(3年)は今大会の目標を迷わず言い切った。

 前回大会の快進撃をピッチやベンチで経験した2、3年生が多く残る。全国大会で1勝することの難しさや苦労を身に染みて知っていると同時に、喜びや達成感も知っている。「もう一度あの舞台に立ちたい」。その思いがイレブンを奮い立たせている。

 シーズンを通してけがに悩まされ、プリンスリーグ東北(10チーム)では2勝3分け13敗で最下位。2季連続での残留は果たせず、来季は...    
<記事全文を読む>