高円宮杯サッカーU-18プレミアリーグ東地区は30日、首位を走る青森山田高が2試合を残して、3年ぶり2度目の優勝を決めた。2位の柏レイソルU-18が同日の浦和レッドダイヤモンズユース戦で敗れ、逆転優勝が不可能になったため。青森山田高は12月15日、全国王者を懸け西地区優勝の名古屋グランパスU-18とのファイナル(埼玉スタジアム)に臨む。

...    
<記事全文を読む>