◆全国高校ラグビー大会2回戦 東福岡100-14松山聖陵(30日・大阪・花園ラグビー場)

 ヒガシの「Wフェラーリ」は初戦からエンジン全開で駆け回った。16トライ、100得点で幕を開けた今年の東福岡は松岡大河(3年)、高本とむ(同)の両WTBが3トライずつを決めた。「両ウイングがトライを取る仕事をしっかりやってくれた」と藤田雄一郎監督は2人の働きを評価した。

 松岡は2日前の練習中に他の選手のスパイクで口をえぐられ、口の中を10針、唇を4針縫うけがをしながらも痛み止めを使って出場した。「先月の大阪遠征で自分のステップが生かせず空回りしたので、今日は前に進んでゲイ...    
<記事全文を読む>