◆全国高校ラグビー大会2回戦 東福岡100-14松山聖陵(30日・大阪・花園ラグビー場)

 2回戦から登場したBシードの東福岡は3人が1試合3トライの「ハットトリック」を達成。16トライの猛攻で松山聖陵(愛媛)を圧倒し、前回優勝した2016年度の96回大会以来となる100得点スタートを切った。

 WTB松岡(3年)が前半だけで3トライをマークすると、同じWTBの高本(同)は後半に1トライを追加して達成。主将のCTB広瀬(同)は後半だけで3トライを挙げた。途中出場組ではCTB野中(同)がトライを決めるなど層の厚さも見せ、藤田監督は「激しいタックルをするしつこいチー...    
<記事全文を読む>