大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開催中の全国高校ラグビー大会で、県代表の中部大春日丘(春日井市)は三十日、二回戦で札幌山の手(南北海道)と対戦。19-0で勝利した。一月一日の三回戦で常翔学園(大阪第二)と対戦する。

 降りしきる雨の中、中部大春日丘は前半開始直後、キックを試みた相手選手にチャージをかけたフランカー吉田柊也選手(二年)がボールを奪い、そのまま持ち込んでトライ。後半にもプロップ田中希門(まさと)選手(三年)とセンター笠井将英選手(三年)がトライを重ね、突き放した。

 宮地真監督は「雨の中でミスが多くなることは分かっていたが、ラッキーな得点もあり、前半...    
<記事全文を読む>