聖光が目標にしてきたシード校撃破の鍵は、1回戦で名護(沖縄)を封じ込めた前に出る守備が機能するかどうかだった。相手の展開攻撃を警戒し、選手同士の間隔を広めに保って鋭く距離を詰める。昨年4強の流通経大柏に対して立てたプランだった。
 だが、相手は一枚上だった。聖光の守りの裏をかくように手薄な密集の近場を屈強なFWが突破し、トライを量産した。流通経大柏の相(あい)監督は、FWの数人を聖光戦の「特殊部隊」に任命していたと明かす。組み合わせが決まった時点から2回戦の相手と想定し、分析をしてきた花園常連校に死角はなかった。
 それでも意地は見せた。主将の大西馨が前半に負傷退場...    
<記事全文を読む>