第99回全国高校ラグビー大会第3日は30日、花園で2回戦16試合を行い、2大会連続39度目出場の岐阜県代表・関商工は、Bシードの東海大大阪仰星(大阪第3)に7-71で敗れ、ベスト16入りはならなかった。

 関商工は前半、12分までに2トライを許したが、21分にゴール前スクラムから主将のロック波多野欄丸がトライまで持ち込み一時は5点差。だがその後は、モールで押し込まれる展開が続き7-24で折り返した。後半は素早いパス回しに付いていけず、自陣からも立て続けに突破を許すなど7トライを献上。裏へのキックにCTB上野颯汰らバックスが飛び出してのトライを狙ったが、無得点に抑えられた。<...    
<記事全文を読む>