全国高校ラグビー大会は三十日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で二回戦があり、シード校として初戦を迎えた県代表の日本航空石川(輪島市)は、39-0で城東(徳島県)を破り、二年ぶりに三回戦へ駒を進めた。来月一日にベスト8をかけて前回大会覇者の大阪桐蔭(大阪府)に挑む。(関俊彦)

 日本航空石川は序盤、相手の粘り強いディフェンスや雨の影響で滑るボールに苦しんだが、前半21分にセンター大村亮介選手(三年)が先制トライ。二分後にフランカー青柿研児(けに)選手(同)がトライを決めて流れをつかむと、後半も4トライを重ねて着実に加点。ディフェンスでは鋭いタックルで相手のチャンスを確実につぶ...    
<記事全文を読む>