大阪府東大阪市の花園ラグビー場で30日に行われた全国高校ラグビー大会2回戦で、青森県代表の青森山田は県浦和(埼玉)に28-33で敗れ、3回戦進出を逃した。トンガからの2人の留学生の陰に隠れがちだが、フォワード陣8人の中でいつも体を張り攻守両面でチームの柱となったのが、3年生の双子の兄弟。兄でフランカー(FL)の船水海斗選手と、弟でロック(LO)の翔斗選手=ともに(18)。目標のベスト16入りにはとどかなかったが、互いの存在を支えにプレーし、ノーサイドの瞬間まで走り続けた。

...    
<記事全文を読む>