全国高校ラグビー大会に県代表として出場する日本航空石川(輪島市)は二十九日、奈良県天理市の天理大白川グラウンドで、初戦となる三十日の城東(徳島県)戦に向けた最後の練習を行い、士気を高めた。

 選手は準備運動をした後、ラインアウトやスクラムなどセットプレーからの連係を入念に確認。試合は降雨が予想されるため、細かいパス回しや両チームが立ちながら押し合うモールなどチームの強みであるプレーを練習した。

 草場康太主将は「城東は9番(スクラムハーフ)など中盤からの攻撃が武器だと思うので、フォワード陣がどんどん圧力をかけることが大切。負けたら次はないので勝ちにこだわりたい」...    
<記事全文を読む>