全国高校ラグビー大会第2日は28日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で1回戦11試合が行われ、山形中央は前回8強の報徳学園(兵庫)に24トライを奪われるなどし、5―162で敗れた。報徳は1試合の最多得点記録を更新した。従来の記録は、第96回大会で東福岡が浜松工(静岡)を相手に挙げた139点。

【焦点】大敗も一矢報いる1トライ
 ○…山形中央は報徳学園に大敗。前半と後半で12トライずつを許し、大会の最多記録を更新する162点を奪われた。前回まで2大会連続8強の強豪に圧倒され、フッカーの工藤翔主将は「全国のレベルを痛感した。一人一人の差がはっきり...    
<記事全文を読む>