大阪府東大阪市で開かれている全国高校ラグビー大会の27日の初戦で、大会初勝利を挙げた青森山田。山田中サッカー部時代に日本一を経験し、高いキックの精度を持つ2人の「大輝」が勝利の立役者となった。フルバック(FB)の今大輝(だいき)選手(18)とスタンドオフ(SO)の宮下大輝(たいよう)選手(18)=ともに3年。2人ともラグビーを始めたのは高1の途中からだが、持ち前の走力とキック力でチームになくてはならない存在となっている。

...    
<記事全文を読む>