第99回全国高校ラグビー大会は27日、花園で開会式を行い開幕。2大会連続39度目出場の県代表・関商工は36-14で13大会ぶり28度目出場の熊本工を下し、2大会連続で2回戦進出を決めた。

 関商工は前半、8分に先制を許したが、17分と21分にWTBの中村海斗と清水健人が立て続けにトライを奪い逆転。ラストプレーでは中村がターンオーバーからトライまで持ち込み19-7で折り返した。後半もバックスを中心にオフロードパスをうまくつなぎながら得点を重ね、計6トライで快勝した。

 関商工の2回戦は第3日の30日、午後2時から同ラグビー場の第3グラウンドでBシードの東海大大阪仰...    
<記事全文を読む>