第99回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で51校が参加して開幕。1回戦8試合を行い、埼玉代表で6大会ぶり3度目出場の浦和は、開会式直後の第1グラウンドの開幕戦で玉島(岡山)に5―0で競り勝ち、初勝利を挙げた。浦和は30日に初出場の青森山田と“年越し”を懸けて2回戦を争う(15時15分・第3グラウンド)。

 0―0の後半15分、モールから主将でナンバー8の松永が左中間にトライ。待望の得点が入れば「浦高」伝統の低くて鋭いタックルもよりさえ渡る。そして、無失点のまま逃げ切り、昭和でも平成でも届かなかった悲願の“冬の全...    
<記事全文を読む>