大阪府東大阪市の花園ラグビー場で27日開幕する全国高校ラグビー大会に挑む南北海道代表、札幌山の手高(札幌市西区)に同校出身の日本代表主将リーチ・マイケルさん(31)になぞらえ「リーチ2世」と期待されるニュージーランドからの留学生がいる。ヴェア・タモエフォラウ選手(3年)。偉大な先輩の背中を追い、国籍を超えた「ワンチーム」の一員として花園での必勝を誓う。

 「こっちだ。左にパス」。26日、東大阪市内で山の手高が北北海道代表の旭川龍谷高と行った合同練習で、ナンバー8のタモエフォラウ選手のひときわ大きな体が目を引いた。

...    
<記事全文を読む>