第99回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、本県代表の黒沢尻工(5大会連続31度目)は27日の1回戦で米子工(鳥取、2大会連続9度目)と対戦する。県勢20大会ぶりの8強入りを目標に、攻守のバランスが取れた布陣で臨む。

 ライバルの黒沢尻北と戦った県大会決勝は、FWの力で勝り21-17で競り勝った。花園に向けては、トライを取りきる攻撃のバリエーション、前に出て圧力をかける守備を磨いてきた。

...    
<記事全文を読む>