花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で27日開幕する第99回高校ラグビー大会に南北海道代表として出場する札幌山の手高(札幌市西区)チームが、福岡県内での強化合宿を終え、25日、現地入りした。同校出身の日本代表主将リーチ・マイケルさん(31)=東芝=のワールドカップ(W杯)での活躍に大きな刺激を受け、選手たちは「後輩として恥ずかしい試合はできない」と気持ちを高めている。

 札幌山の手高の花園出場は2年連続18回目。花園ではこれまで通算10勝を挙げているが、いずれも2回戦でシード校の厚い壁にはね返されてきた。今大会は3回戦を突破し、ベスト8に進出することを目標に掲げている。

...    
<記事全文を読む>