第99回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府の花園ラグビー場で開幕する。2年連続6度目の出場の聖光は28日、1回戦で名護(沖縄)と対戦する。磨いてきた堅守は全国で通用するか。
 聖光の佐々木監督は「向こうが攻撃、うちが守備の展開になるだろう」と気を引き締める。名護は両WTBを筆頭にスピードのある選手がバックスにそろう。2年生のSOは沖縄県大会決勝で巧みなステップからトライを挙げ、スペースを突くキックも織り交ぜた。鋭い出足で相手との距離を詰める聖光の防御の背後を狙われる可能性も十分にあり、キック処理が鍵になりそう。守備のほころびを最小限に抑えるには、チームとして重視してきた試合...    
<記事全文を読む>