11月の県予選決勝で四日市工を35―8で下し、東大阪市花園ラグビー場で行われる全国高校ラグビー大会への8大会連続出場を決めた。花園では2年連続で初戦敗退しており、まず5大会ぶり2回目の近大和歌山と対戦する1回戦突破に集中。主将の羽田昂生(3年)は「1年間強化してきたフィジカル、ハードワーク(走力)を発揮したい」と抱負を語る。

増量しながら動き回れるチームを目指して来た。新チーム発足直後から専属のフィジカルコーチの指導で身体作りに励んだ。1日3回だった補食の回数は5回に。FW陣の平均体重は目標の93キロを上回る94キロ。バックス陣も平均体重75キロで接点の強さが出てきた。 <記事全文を読む>