花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で二十七日に開幕する全国高校ラグビー大会に、県代表で日本航空石川(輪島市)が出場する。目標は過去最高のベスト8を超える日本一。草場康太主将(三年)は「チーム全体のスピードは強豪にもひけをとらない。今までの経験すべてを花園でぶつけてきたい」と意気込む。

 十五年連続十五回目の出場。二年前のベスト8を唯一経験している草場主将を中心とした安定した守備が持ち味だ。全国大会では右肩のけがで県大会を欠場した身長一八八センチ、体重一一〇キロの攻守の要パトリク・バカタ選手(二年)も復帰。判断力が光る嶋竜輝(二年)、五十メートル5秒台の快足を誇る大村亮介(三年...    
<記事全文を読む>