県高校新人スポーツは3日までに、大田原市グリーンパークほかでソフトボール、レスリング、体操などを行った。

 ソフトボール女子決勝は矢板中央が文星女に8-5で勝ち初優勝。4-4で迎えた六回、主将の大野真央(おおのまひろ)の中前適時打など4安打で4点を勝ち越し、逃げ切った。男子は白鴎足利が25-0の三回コールドで足工を下し、6連覇を飾った。

 レスリングは足大付が団体を制したほか、個人でも51キロ級の志村優充(しむらひろみち)をはじめ7階級中6階級を同校勢が制した。

 体操個人総合の女子1年は鶴川七菜(つるかわなな)(作新)が全種目トップの47・200点...    
<記事全文を読む>