バレーボールの全日本高校選手権県予選は17日、長野市ホワイトリングで男女の決勝を行い、男子は松本国際が7年連続9度目、女子は東京都市大塩尻が2年連続7度目の優勝を決めた。

 今夏の全国高校総体で優勝した男子の松本国際は岡谷工に、女子の都市大塩尻は松商学園に3―0でストレート勝ちした。

 男女の優勝校は来年1月5日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する全国大会に出場する。

(11月18日)

...    
<記事全文を読む>