バレーボールの第72回全日本高校選手権県予選最終日は13日、日立市池の川さくらアリーナで男女の決勝が行われ、男女とも土浦日大が優勝し、全国大会(来年1月5〜7、11、12日・東京)出場を決めた。男子は2年連続9度目、女子は2年ぶり19度目の「春高バレー」出場となる。男女そろっての春高出場は6年ぶり6度目。男子は高さを生かした守備と多彩な攻撃で霞ケ浦に快勝し、女子も牛久を攻守で圧倒。男女ともストレート勝ちを収めた。

▽男子決勝
土浦日大 3-0 霞ケ浦
25-18
25-19
25-14

▽女子決勝
土浦日大 3-0...    
<記事全文を読む>