バレーボールの第72回全日本高校選手権(春高バレー)群馬県予選は2日、前橋市のALSOKぐんまアリーナで男女の準決勝と決勝を行い、決勝は男子の前橋商が高崎に3―2で競り勝ち3年連続13度目、女子の西邑楽が3―1で高崎女を下して2年連続5度目の栄冠を手にした。優勝の両校は春高バレー(1月5~12日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)に出場する。

 【男子】▽準決勝
高 崎 2―0 明和県央
前橋商 2―0 高崎工
 ▽決勝

 

前橋商 3(28―26)2 高 崎15―25


23―25
<記事全文を読む>