男子第70回、女子第35回近畿高校駅伝は24日、兵庫県南あわじ市のおのころ島神社前をスタート、同市立三原中をフィニッシュする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロに男女の各府県大会上位6校(開催地の兵庫は各10校、和歌山の女子は5校)が出場して行われ、男子は洛南(京都)が2時間4分55秒で2年連続3度目の優勝を果たし、兵庫3位の須磨学園が2時間6分38秒で2位に入った。

 今年は全国高校駅伝(12月22日・京都市)の男子が5年に1度の記念大会に当たるため、須磨学園は各府県大会優勝校を除く最上位校に与えられる近畿地区代表での都大路出場権を得た。兵庫2位の報徳...    
<記事全文を読む>