男子第72回・女子第31回全九州高校駅伝競走大会は16日、宇佐市の安心院支所前をスタート、安心院高裏門前をフィニッシュとする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで競った。九州各県代表の男女とも各24チームが出場。男子は九州学院(熊本)、女子は神村学園(鹿児島)が優勝した。県勢は東明の男子が2時間6分54秒で5位、女子が1時間10分55秒で4位に入った。
 男子の東明は3区ダンカン・キサイサ(2年)が7人抜きで先頭に立ったものの、その後はリードを許して5位フィニッシュ。鶴崎工は粘って12位、藤蔭は22位だった。
 女子の東明は2区メアリー・ムイタ(...    
<記事全文を読む>