男子第70回・女子第34回県高校駅伝競走大会は10日、松阪市久保町の三重高校正門前を発着点に行われる。男子29校、女子17校がエントリー。男女優勝校が12月22日に京都で行われる全国高校駅伝に出場する。男女レースを展望する。

■男子(7区間=42・195キロ)
上野工時代を含めて県大会16連覇中の伊賀白鳳と16年ぶりの優勝に挑む四日市工の一騎打ちが予想される。

伊賀白鳳は3年生の佐伯陽生の走りがカギを握るか。昨年暮れの都大路は高2でアンカーを務めた。23位でゴールした今年10月の日本海駅伝はエース区間の1区(10キロ)を走り29分48秒の好タイムで県勢最...    
<記事全文を読む>