県高校駅伝競走大会(西日本新聞社など後援)が6日、雲仙市小浜町を発着点とするコースであり、女子32校、男子42校が熱戦を繰り広げた。女子は諫早が2年ぶり25回目、男子は松浦が2年連続3回目の優勝を果たし、12月22日に京都市である全国大会への出場を決めた。

 女子は諫早が全員区間賞の走りで2位長崎女子に4分以上の差をつけて圧勝。1区でエースの弟子丸小春選手(3年)が2位以下を42秒突き放し、以降後続を寄せ付けなかった。

 昨年連勝がストップし涙をのんだ諫早。弟子丸選手は「ほっとした。全国大会で8位入賞を果たし、新たな歴史をつくりたい」と王者奪還に笑顔を見せた。<...    
<記事全文を読む>