全国高校駅伝県予選は4日、東部運動場周回コースで行われ、男子(7区間42・195キロ)は高知農業高校が2時間14分1秒で、4年連続44度目の優勝。女子(5区間21・0975キロ)は山田高校が1時間17分24秒で大会31連覇を果たした。

 男子は8チーム(オープン参加1)の争い。高知農農業高校は1区から先頭に立つと、中盤後続に追い上げられる場面もあったが、2位の中央に2分56秒差をつけて圧勝した。女子は3チームが出場。山田高校が1区からの独走態勢を築いて、全区間1位の完全優勝を果たした。

 男子高知農業高校、女子山田高校が全国大会(12月22日...    
<記事全文を読む>