和歌山県高校駅伝競走大会(和歌山陸上競技協会など主催)が2日、日高川町田尻の長子橋・小釜本橋周辺コースであり、男子の部(7区間42・195キロ)で昨年優勝の田辺工業は2時間17分56秒で3位だった。優勝は創部3年目で初めての智弁和歌山。女子は3年連続で和歌山北。ともに全国大会に出場する。

 男子の部は9チームとオープン1チームが出場した。智弁和歌山と2位の和歌山北が激しいトップ争いをする中、田辺工業は序盤から苦しい展開。4区で有本(1年)が和歌山工業を抜いて3位になると、5区の福本(3年)、6区の大家(1年)、7区の安部(1年)が順位をキープし、3位でゴールした。...    
<記事全文を読む>