全国高校駅伝(12月22日・京都市)の予選を兼ねた岡山県高校駅伝は3日、井原市の井原運動公園陸上競技場発着の男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで行われ、男子は昨年2度目の日本一に輝いた倉敷が2時間3分57秒の大会新記録で42年連続優勝を飾り、女子は興譲館が1時間8分41秒で21連覇した。両チームは県代表として全国大会に出場する。

 29チーム(オープン参加含む)が参加した男子の倉敷は、1区石原が29分26秒の区間新記録をマークして流れを呼び込むと、3区ガトト、6区寺元も区間新を樹立するなどオール区間賞。チームが持つ2時間5分38秒の大会記録(...    
<記事全文を読む>