静岡県高校駅伝競走大会は3日、袋井市のエコパスタジアムを発着点に行われ、7区間42.195キロの男子は島田が2時間13分2秒、5区間21.0975キロの女子は常葉大菊川が1時間13分42秒で優勝した。島田は7年ぶり2度目、常葉大菊川は2年ぶり6度目。
 島田と常葉大菊川が都大路切符を獲得した。男子第70回、女子第32回県高校駅伝競走大会は3日、エコパスタジアムを発着点に行われた。
 男子(7区間42・195キロ)の島田は逆転優勝。トップの浜松日体と最大50秒差の4位で出走した4区山本樹が2位に順位を上げ、10秒差まで迫った。6区大沢巧使が首位を奪い、7区伊藤大晴が差...    
<記事全文を読む>