プログラムに名を連ねたのは10人。うち3年生9人にとっては最後の大会だった。バスケットボールの全国高校選手権兵庫県予選女子で3度の優勝を誇る須磨学園は、準決勝で前回覇者の市尼崎に82-96で逆転負けした。

 1年前、新チームになって程なく指揮官が不在に。東根主将が「このメンバーで最後までやりたい」と仲間に伝えると、ついてきてくれた。自分たちで練習内容を考え、プレーについて互いに指摘し合って技を磨く。今夏の県総体決勝リーグでは市尼崎を破った。

...    
<記事全文を読む>