全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)県予選最終日は4日、栃木市総合体育館で男女の決勝を行い、男子は文星付が宇工を102-89で下し、2年連続8度目の優勝。女子は作新が74-54で白鴎足利を退け、3年ぶり7度目の頂点に立った。

 男子の文星付は第1クオーター(Q)に高確率でシュートを決め一挙32得点。第2Qも連続8得点をマークするなど主導権を握り続けた。第3Qは清水一樹(しみずかずき)が連続3点シュートを決めるなどしてリードを最大23点まで広げ、危なげなく逃げ切った。

 女子の作新は序盤から内外角バランス良く攻めて着実にリード。第2Qはセンターの...    
<記事全文を読む>