高校サッカーの第98回全国選手権県大会は24日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で決勝が行われ、前橋育英が1―0で健大高崎を破り、6年連続23度目の優勝を飾った。育英は12月30日開幕の全国選手権(埼玉スタジアム2002ほか)に県代表として出場。初戦は31日で、神村学園(鹿児島)と対戦する。

 前橋育英が後半に奪った執念の1点で全国切符を勝ち取った。前半は長短のパスを効果的につないで健大高崎ゴールにたびたび迫ったが、健大GK倉石の好セーブもあって無得点。10回のCKは粘りの健大ディフェンスに阻まれ、0―0で折り返した。

 シュート数で大幅に上回...    
<記事全文を読む>