サッカーの高円宮杯U-18(18歳以下)2019プリンスリーグ四国は23日、高松市の屋島レクザムフィールドなどで第16節の5試合が行われ、首位の徳島ヴォルティスユースは5-2で新田高(愛媛)を下し、2節を残して2年ぶり3度目の優勝を決めた。通算成績は13勝3分けの勝ち点42。2位の徳島市立高は1-3で今治東高(愛媛)に敗れ、10勝6敗(同30)となった。

 徳島ヴォルティスユースは四国地区代表としてプレミアリーグ参入戦(12月13、15日・広島市のコカコーラボトラーズジャパン広島スタジアムほか)に出場する。

...    
<記事全文を読む>