第28回全日本高校女子サッカー選手権東海予選は17日、岐阜・長良川球技メドウで決勝と3位決定戦を行った。県勢対決となった決勝は、試合終了間際に市川楓がゴールを奪った常葉大橘が1―0で藤枝順心を下し、2年ぶりの優勝を果たした。3位までが出場する全国大会は来年1月3日から兵庫県内で開催される。

 ▽決勝
 常葉大橘 1(0―0 1―0)0 藤枝順心
 ▽得点者【常】市川

...    
<記事全文を読む>