サッカーの第98回全国高校選手権埼玉大会(埼玉新聞社など後援)最終日は17日、埼玉スタジアムで決勝を行い、昌平が西武台を4―0で下して2年ぶり3度目の栄冠に輝くとともに、全国高校選手権(12月30日~来年1月13日・埼玉スタジアムほか)の出場権を獲得した。高校総体県予選王者の西武台は、9年ぶりの頂点に届かなかった。

 精度の高いパスワークと素早い攻守の切り替えで主導権を握った昌平は前半27分、大竹の右CKに西沢が頭で合わせて先制。後半10分に須藤の右足シュートで追加点を奪うと、同21分には須藤の右クロスがオウンゴールを誘って3点目。同28分にも紫藤の左クロスから鎌田のヘッド...    
<記事全文を読む>