第98回全国高校サッカー選手権大会県大会2次大会は16日、郡山市の西部サッカー場で準決勝2試合が行われた。第1シードの尚志は帝京安積に2―1で勝利し、聖光学院は第3シードの福島工を1―0で破った。決勝は17日、同サッカー場で行われる。正午試合開始予定。尚志は6年連続11度目、聖光学院は7年ぶり2度目の頂点を目指す。

 尚志が6連覇に王手を懸けた。2ゴールで試合を決めたFW山内大空(3年)は「大事な試合で得点を決めることができた」と喜んだ。

...    
<記事全文を読む>