第98回全国高校サッカー選手権県大会(大分合同新聞社後援)最終日は17日午後2時5分から、大分市の昭和電工ドーム大分で決勝がある。全国選手権(12月30日開幕・関東各地)の出場権を懸け、第1シードの大分と第2シードの柳ケ浦が対戦する。2年連続で同じ顔合わせとなり、大分は2年連続11回目、柳ケ浦は14年ぶり2回目の全国選手権出場を目指す。

〇大分、細かくパスつなぐ
 大分は個々の技術が高く、安定した戦いぶりで決勝に駒を進めた。DF佐藤芳紀主将(3年)は「チームの状態はいい。守りはゼロに抑え、自分たちの攻撃をして勝ちたい」と意気込む。
 準決勝まで...    
<記事全文を読む>